蓮の花

今日は、小暑

小暑とは二十四気の一つで、夏至(げし)から十五日目、旧6月節で新暦7月8日ごろ。
日増しに暑くなり本格的な夏が到来する頃となります。
この時期の自然界では、蓮の花が咲き始め鷹の子が巣立ちの準備を始める頃でもあります。
 

そして、今日は新暦の七夕です。

七夕は年に一度、おり姫星と、ひこ星が天の川をわたって会うことを許された、特別な日とされています。

織姫と彦星

が、しかし、7月7日といえば日本の殆どの地域は梅雨のまっただ中。

例年、この時期に2つの星を見ることはなかなか難しいのです。
ではなぜ、天候が悪いこの時期に「星のお祭り」をするのでしょうか?

実は、本来は七夕は太陰太陽暦の7月7日に祝っていたものです。

ところが、明治6年(1873年)から、太陰太陽暦ではなく西洋式の太陽暦を使うようになったために七夕も約1か月早い時期に祝う行事となってしまいました。

現在でも、「太陽暦の7月7日」ではなく「太陰太陽暦の7月7日に相当する日」や「月遅れ(太陽暦の8月7日)」に七夕祭りを行うケースが多いようです。

※太陰太陽暦とは・・・
古来より日本では暦(カレンダー)を作るにあたって、月と太陽両方の動きを計算に入れてきました。
太陽だけを基準にする現在の太陽暦(グレゴリオ暦)と区別するために旧暦とも呼ばれます。

太陰太陽暦は何度か改良されていて、明治の改暦直前には天保暦(てんぼうれき)と呼ばれる暦が使われていました。
現在のカレンダーに「旧暦」として掲載されている日付は、かつての計算法などを参考に独自に算出しているものです。

織り姫と彦星の伝説

織姫は天帝の娘で、機織の上手な働き者。
牛飼いの彦星もまた、働き者だったので天帝は二人の結婚を認めました。❤
けれども結婚した二人は遊んでばかりで、織姫は機を織らなくなり彦星は牛を追わなくなってしまいました。
そこで、怒った天帝は2人を天の川を隔てて引き離し、年に1度、7月7日だけ会うことを許しました。

7月7日に雨が降ると、天の川の水かさが増して二人は会うことができません。

そんな二人を哀れんで、どこからか無数のカササギがやってきて、天の川に橋を架けてくれるという話も伝わっています。

 七夕に降る雨は織姫と彦星が流す涙で「洒涙雨(さいるいう)」という話もあります。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事