節分

今日は節分です。

節分とは、季節の移り変るときをさし季節の分かれる日の意味で、立春、立夏、立秋、立冬の前日を指したが、今は一般的に立春の前日のことをいいます。

立春の前日といっても、立春の日付は年により異なるため2月3日とは限りません。

二十四節気において立春は新年の始まりで、節分は大晦日的な日。

旧暦の大晦日とも日付が近く(時に重なることもありました)、江戸時代までは同じように一年の締めくくりの日でした。

しかし、明治時代になって太陰太陽暦になり、立春を年の初めと定めたので立春の前日すなわち大寒の最後の日を特に節分 (太陽暦の2月3日か4日) として重視しました。

したがって、節分は太陰暦の大晦日 にあたり,その夜を年越しといって民間ではひいらぎ (柊) の枝にいわしの頭をつけて門戸にかざし,また日暮れに豆まきをして追儺 (ついな。厄払い) を行う習慣が今も田舎の方では残っているようです。

 

毎年の二十四節気などは、国立天文台が天文観測に基づいて定めています。

国立天文台が発表した2021年の「暦象年表」によると、この年の立春は2月3日。
つまり、節分の日はその前日の2月2日となるのです。

節分が2月3日でなくなるのは、1984年(その年の節分は2月4日でした)以来、37年ぶりのこと。
そして、節分の日が2月2日になるのは、1897年以来124年ぶりだといいます。

因みに、四柱推命などの東洋占術上ではこの日を持って年を区切ります。
所謂、この日が本来の大晦日にあたり、明日の立春からが本当の意味での新年(2021年)の始まりとなるわけですが、皆様方にとってこの2021年はどのような一年になるのでしょうか・・・

前年が不調だった方は、今年は積極的に動くべきか否か!?
また、好調だった方は、今年も引き続き好調の波に乗れるのか否か!?

例えば・・・
運命の出会いの時期はいつ? あの人との結婚はいつ? 好きな人の気持ちを知りたい! 今の仕事は適職か? 自分に向いている職業は? 職場の人間関係をどうにかしたい? 独立しようと思っているが具体的にいつ動けばよいのか? 引越しや移転先の方角は移動して大丈夫? その他、新生児の命名、運気アップのための改名など・・・

皆様それぞれの運気の流れを予め知ることにより、良い運気のときは更に良い運気にするために、または不調な運気のときはなるべく被害が少なくなるよう、占いという運命学を生活の知恵として上手に取り入れてご活用くだされば幸いに思います。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事