雨水

今日は雨水です。

雨水とは、二十四節気の2番目の節気で、2021年は2月18日(木)〜3月4日(木)までの時期、空から降るものが雪から雨に変わり、雪が解け始めるころの季節のことで木の芽が萌え始めるころのことを言います。

昔から農耕の準備を始める目安とされてきました。
春一番が吹くのもこの頃です。
しかし、本格的な春の訪れにはまだ遠く、大雪が降ったりもします。
そして、三寒四温を繰り返しながら徐々に春に向かっていきます。

※三寒四温とは
寒い日が三日ほど続くと、その後四日間ぐらいは暖かいということ。
これを繰り返しながら、だんだん暖かくなり、春へと向かいます。

もともと、中国北部や朝鮮半島の冬の気候を表す言葉で、後に日本に伝わりました。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事