姓名判断


◆姓名判断について

 

今日は占いの種類「姓名判断」について解説させていただきます。

姓名判断とは、他の東洋系占術同様に古代中国の陰陽五行説という哲学的思想を基礎にした占術に、統計学に解釈を加えたもので、人の姓名の画数からその人の性格や、適職、恋愛の傾向、結婚運・家庭運、かかりやすい病気など一般に運勢として総称されるほぼすべての吉凶を知ることができる姓名数理学という学問です。

 

 「名は体を表す」という諺がありますが、洋の東西を問わずこの世に生を受けた人間には必ず名前があり、その名前を使って様々な環境下の元に生きていく過程で、その名前が周囲に受け入れられ、認識され続けるにつれて名前にその人間の性格やそのものの実態などの本質を表していることが多いことからできた諺ですが、名前には人間が育っていく過程において様々な影響からその人の本質が出来上がり、そして人間の運命が大きく左右されていきます。

 

姓名判断は、漢字からひらがな、またはアルファベットに至るまで名前の画数によって、人の運命を占います。

また、社名や店名にも人名同様に運命があり吉凶があります。

 

 姓名判断は、姓名を「天格」「人格」「地格」「外格」「総格」の5つの格に分け、それぞれの画数から吉凶を判断いたします

 例えば、私の名前の「西川 依摩」を姓名判断すると以下のようになります。

 

西(6画) 川(3画)  依(8画)  摩(15画)

 

※算定式

西9+川3=9「天格9画」 川3+依8=11「人格11画」 依8+摩15=23「地格23画」 西6+摩15=21「外格21画」となり、姓名の合計数(6+3+8+15=32)が、西川依摩の総合計32「総格32画」となります。

 

★「天格」は、先祖から与えられた運勢、血筋や家運を表します。
これ自体に、吉凶は関係ありませんが、地格との関係により吉凶が生じます。

 

★「人格」は、中年運、性格や仕事運、結婚運などの一生に大きく関わる運勢を表します。

 

★「地格」は、生年運や家庭運、健康運や財運などを表します。

 

★「外格」は、一生を通じて自分自身を取り巻く対人関係や健康などのすべての事を表します。

 

★「総格」は、一生の運勢と晩年の吉凶を表します。

この数が良ければ、例え地格・人格などの数が悪く、青年期や中年期の運勢に悪いことがあっても、何かと救いがありますが、総画が悪いと、地格・人格が良くても、その良さが表れにくくなります。

 

◆画数の吉凶早見表

 


大吉

1・5・15・21・23・24・31・32・33・41・45・48・52・63・81
 


3・6・7・8・13・16・17・18・25・35・37・38.39・47・57・65・67・68
 


2・4・9・14・19・26・27・36・40・42・43・46・49・50・51・53・54・55
56・59・60・62・64・66・69・71・72・73・74・75・76・77・78・79・80
 

大凶

10・12・20・22・28・30・34・44・70

※女性は21画・23画・33画の画数は避けてください。

男性には大吉の画数ですが、女性の場合は社会的に成功しても女性として孤独運の画数となります。

 

 今回は、吉数字と凶数字のほんの一例ですが、お話しさせていただきます。

例えば、姓名や社名・店名の画数が13の場合。

13画は、才知機敏、学芸発達吉運数でもあり、更には忍耐強く、長上の引き立てを受けるなど成功、繁栄、名誉を博する大吉数です。


この画数は、芸能・マスコミ・サービス業などには大吉数です。
※五格のバランスや五行の並びなどの条件によって吉凶を判断しますので、吉数だから全て良いとか、凶数だから全て悪いとかではなく、総合的に判断する必要があります。

 

ここでは、13という吉数の説明だけとさせていただきましたが、因みにできるだけ避けてほしい凶数を、全部ではありませんが一部記載しますね。

2画 4画 9画 10画 12画 14画 19画 20画 22画 26画 28画 46画 50画 54画 55画 59画 60画

 


不思議なことに、遭難事故や凶悪事件などの被害者・加害者ともこれらの凶数を持つ場合が多く、特に2の系統の数は、分裂・中途挫折・急変・急病など思わぬ災難を巻き起こしたり巻き込まれたりする傾向が強い数でもあります。

特に油断してはいけない数は、2・12・22で、その中でも絶対に使用してはいけない凶数は22画です。

この凶数は、稀に、天才的な才能やカリスマ的な力があり、一時的には大成功や大発展することもありますが、必ず災いがあり急転直下の道をたどる傾向があります。
どの場所に(格)にあっても災いが大きい数です。

しかし、もしも凶数であっても恐れることはありません!

たとえ、凶数の姓名であっても改名することで凶を減じて吉に転換させることができるからです。

 人は、「先天運」を持ってこの世に生まれ、誕生とともに命名された姓名の力によって生じるであろう「後天運」を授かります。

 「先天運」とは、生まれた国や場所などの環境、出生時間や性別、身長や顔などの身体的特徴や遺伝的なものなど持って生まれたもので、生まれる前に決まっていて変えることができないもののことをいい、これを「宿る命」と書いて「宿命」とも言います。

 これに、誕生して命名された姓名の文字の力が加わって「後天運」となり、その人の運勢を表します。

因みに、同姓同名なのに運命の差が生じるのは、先天運の生まれた場所・時間・環境などの吉凶の差があるためで同じ運命とはなりえません。

 ◆命名・社名・改名について

 最近は、赤ちゃんの命名にキラキラネームだとかで漢字の意味を無視した、フリガナがなければ読めないような名付けをされるケースを見聞きしますが、名前のせいで大変な思いをする羽目になったお子さんや、名付けた親御さんが後悔するような事例もあるようです。

赤ちゃん誕生で命名するときは、「後天運」のことを考えて名付けをすることが我が子の幸運に繋がりますし、また、例え現在凶数の姓名で運勢が停滞している方であっても、良い画数に改名することによって、その後の運勢が好転される方が数多くいらっしゃいます。

◆命名・社名・改名に際して気を付けていただきたいこと。

 ★基本的に、漢字画数の算定には旧字体で算定しますので、占う姓名に使われている漢字に旧字体があるかを調べる必要があります。

 ※占いミールでは「康煕字典」を基準とした、旧字体の画数で計算いたします。

 流派によっては画数の計算にはいくつかの方法があり、康煕字典を基準とした、旧字体の画数で計算する流派と、現行の新字体の画数で計算する流派がありますし、旧字体であっても画数計算が新字体と同じ流派がありますので、お気をつけください。

 ★一字姓、三字性、一字名、三字名の場合

一字姓の場合は必ず仮の数字(一)を先頭に置きます。

 例えば、「西 依摩」という姓名の場合

「天格」は仮の(一)の1画+西の6画=7画、「人格」川3画+依8画=11画、「地格」依8画+摩15画=23「外格」仮の(一)の1画+摩15画=16となりますが、総格数は仮の(一)の1画は「天格」「外格」を算定するときのみだけですので、「総格」の算定の場合は仮の(一)は合計しませんので29画となります。

 ★一字姓・一字名

例えば、「西 恵」という姓名の場合

「天格」は仮の(一)の1画+西の6画=7画、「人格」西6画+恵12画=18画、「地格」恵12画+仮の(一)1画となり、「総格」は仮の(一)の一画は計算に入れませんから、「総格」の総合計は18画となります。

※「総格」には、仮数(一画)を含めません。

  

★文字画数の数を正確に数えること。

間違えやすい画数

※「にくづきへん」と「つきへん」

「にくづきへん」は、肉を簡略化したときに、月になったものですから、「にくづきへん」は、腸 脳 背 胸 肩 胃 などの体に関係する漢字です。

 「つきへん」は、朝 有 服などの体に関係のない漢字ですので体に関係があるかないかで区別して画数計算してください。

 

★数字の数え方

一は1画、二は2画、三は3画、四は4画、五は5画、六は6画、七は7画、八は8画、九は9画、十は10画と数えます。

※百は6画、千は3画、萬は15画と、数としてではなく文字として数えます。

 

★佐々木、代々木のような場合は、佐佐木、代代木として数えます。

 

★ヒラカナとカタカナの画数

あ(3画)・い(2画)・う(2画)・え(3画)・お(4画)

か(3画)・き(4画)・く(1画)・け(3画)・こ(2画)

さ(3画)・し(1画)・す(3画)・せ(3画)・そ(3画)

た(4画)・ち(3画)・つ(1画)・て(2画)・と(2画)

な(5画)・に(3画)・ぬ(4画)・ね(4画)・の(1画)

は(4画)・ひ(2画)・ふ(4画)・へ(1画)・ほ(5画)

 ま(4画)・み(3画)・む(4画)・め(2画)・も(3画)

や(3画)・ゆ(3画)・よ(3画)

ら(3画)・り(2画)・る(2画)・れ(3画)・ろ(2画)

わ(3画)・ゐ(3画)・ゑ(5画)・を(4画)・ん(2画)

 

 点(゛)は2画、半濁点(。)は1画、音引き-は1画

 

ア(2画)・イ(2画)・ウ(3画)・エ(3画)・オ(3画)

カ(2画)・キ(3画)・ク(2画)・ケ(3画)・コ(2画)

サ(3画)・シ(3画)・ス(2画)・セ(2画)・ソ(2画)

タ(3画)・チ(3画)・ツ(3画)・テ(3画)・ト(2画)

ナ(2画)・ニ(2画)・ヌ(2画)・ネ(4画)・ノ(1画)

ハ(2画)・ヒ(2画)・フ(1画)・ヘ(1画)・ホ(4画)

マ(2画)・ミ(3画)・ム(2画)・メ(2画)・モ(3画)

ヤ(2画)・ユ(2画)・ヨ(3画)

ラ(2画)・リ(2画)・ル(2画)・レ(1画)・ロ(3画)

ワ(2画)・ヰ(4画)・ヱ(3画)・ヲ(3画)・ン(2画)

 

 ★ローマ字の画数

A(3画)B(3画)C(1画)D(2画)E(4画)

F(3画)G(3画)H(3画)I(1画)J(2画)

K(3画)L(2画)M(4画)N(3画)O(1画)

P(2画)Q(2画)R(3画)S(1画)T(2画)

U(1画)V(2画)X(2画)Y(3画)

Z(3画)

※アルファベットは大文字で計算します。

 

★社名や店名を判断する場合は、株式会社や英字社名のCOなどは画数計算に入れません。

 

★解明される場合、できるだけ旧名と同じ呼び名と近い字をを選んでください。

 

★改名された場合、数か月間はメモ帳でも帳面に一日に数十回は新しい名を書いて馴染むようにしてください。

手紙やメールなどには改名した名前を積極的に使って、まわりの方々に浸透させましょう。

また、美容院など各種ポイントカードの名前も新しい名前に変更してください。

 以上、姓名判断についてでした。

 

それでは、次回の占いの種類は「タロットカード占い」を予定しています。

その他占いの種類はこちら→「四柱推命」「宿用占星術」九星気学」

 



大阪の占いサロン「占いミール」は、あなたの運命の羅針盤。

 

驚きの的中率を誇る四柱推命、宿曜占星術、タロット、易、九星気学、姓名判断を駆使した西川依摩流の占術で、皆様のお悩み解決と開運へのお手伝いをさせていただきます。

悩み事や心配事などお気軽にご相談ください。

 

占いミールは完全予約制、時間内なら何件でも鑑定いたします。

占いミールでは、対面占い鑑定、電話占い鑑定とオンライン占い鑑定の三種類の鑑定方法をご用意いたしております。

 

 ★対面占い鑑定は、お客様が直接占いミールまで出向いていただき、占い師と直接顔をみながらじっくりとご相談いただくという鑑定スタイルです。

 

★電話占い鑑定とオンライン占い鑑定は、遠方の方や諸事情で占いミールに出向くことが難しいお客様が、直接足を運ばなくても全国どこからでもご自宅にいながら音声・ビデオ通話で対面鑑定と変わらない占い鑑定を受けることができるというスタイルです。

 

◆対面占い鑑定をご希望のお客様は、こちらをご参照ください。→対面占い鑑定詳細

 

◆電話占い鑑定とオンライン占い鑑定をご希望のお客様は、こちらをご参照ください。→電話占い鑑定とオンライン占い鑑定詳細

 

 ◆占い教室オンラインレッスンも、随時受講生募集中。

 

◆お電話での予約・お問い合わせ番号はこちら⇒ 090-8200-0847

 

◆ネット予約はこちら⇒

 

占いミールアクセス
最寄り駅「天神橋6丁目駅」

 


PAGETOP