文月

こんにちは。
今日から7月です。

日本では旧暦7月を文月(ふみづき、ふづき)とも呼びますが、現在では新暦7月の別名としても用いられており、文月の由来は、7月7日の七夕に詩歌を献じたり、書物を夜風に曝す風習があるからというのが定説となっているようです。

しかし、七夕の行事は奈良時代に中国から伝わったもので、元々日本にはないものでした。
そこで、稲の穂が含む月であることから「含み月」「穂含み月」の意であるとする説もありますし、また、「秋初月(あきはづき)」、「七夜月(ななよづき)」の
別名もあります。

ということで、これからの夏本番を迎えるわけですが、今年はコロナ禍の影響で、マスク着用の方々が多いかと思いますが、猛暑の中マスク着用に拘り過ぎると熱中症などの危険を伴う場合もありますので、こまめな水分補給を心がけたり、運動中はマスクを外すなど皆様それぞれがご自分のライフスタイルで創意工夫しながら、この夏を乗り切っていってください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事