向日葵と7月の空

今日から7月です。

日本では、元々は旧暦7月を文月(ふみづき、ふづき)とよんでいましたが、現在では新暦7月の別名としても用いられるようになりました。

文月の由来は、7月7日の七夕に詩歌を献じたり、書物を夜風に曝す風習があるからというのが定説となっているようですが、しかし、七夕の行事は奈良時代に中国から伝わったされており、元々日本にはないものでした。
そこで、稲の穂が含む月であることから「含み月」「穂含み月」の意であるとする説もありますし、また、「秋初月(あきはづき)」、「七夜月(ななよづき)」の別名もあるようです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事