大晦日

大晦日

今年も残りわずかで、新しい年2021年を迎えようとしています。

旧暦では、毎月の最終日を晦日(みそか)と言います。

晦日のうち、年内で最後の晦日なので12月の晦日を「大晦日」と言います。

※東洋占術の世界では、本当の意味での2021年のはじまりは立春を過ぎてからになります。

元々、「みそ」は「三十」であり「みそか」は30日の意味。
ただし、月の大小が年によって変動するので、実際には29日のこともありましたが、現在では新暦の12月31日を指します。

さて、皆様にとって2020年はどんな年でしたか?

今年は、世界各地で感染拡大している新型コロナウイルスの影響で、今までの生活様式が様変わりした方々が多いかと思いますが、来年2021年にはコロナ禍が終息し日々の生活が安定し、多くの方々が笑顔があふれる年でありますよう願ってやみません。

今年も、たくさんのご縁をいただき、たくさんの方々にお世話になりました。

ありがとうございます。

そして、皆様どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。

占いミール 西川依摩

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事